こんにちは。

ペンション駒城の井上です。私は今までGWや夏休みくらいしか北杜市・白州エリアに行ったことがありませんでした。再度営業許可を取得するために、昨年秋ごろから保健所や用事で定期的に行くようになり、夏休み以外でも、多くの観光客が訪れていることに気づきました。

秋の行楽シーズンはもちろん真冬でもです。





であれば、私たちのペンションにも、もっと多くの方に来ていただきたい。ということで旅館業許可を取得しました。

そして来ていただいたお客様に快適に過ごしていただきたいと、弱ってきた給湯ボイラーを交換。そして2階のトイレを新しいものに取り替えいたしました。

さらに2002年の新築から16年が経過しますので、外壁と屋根の塗装工事を行いました。

 

 

トイレを新しくしました。LIXILのアメージュZAです。

ぱっとみは、キレイな外壁なのですが

日が当たりにくい北側面は、特に汚れが目立っています。

 

サイディングの隙間のコーキングも駄目になってきました

 

この姿とも見納め。屋根はほんとうはもっと黒かったのですが、色あせてしまいました

 

3/20に足場を組んで工事がスタート

 

そして4月10日、ついに塗装工程が終了しました。

 

あとは20日までに足場がとれます。

 

ちなみに、ベースの色は大きく変えたくなかったため薄いベージュにしました。塗装会社さんの提案で「屋根は赤っぽい茶色」「正面はベージュ」「窓枠の周囲はクリーム」とアクセントを入れています。正直、どんな色にしたいか希望があるようでなかったので、そのあたりを提案頂けて良かったです。

背景の山の緑が鮮やかになる季節です。赤い屋根がスタイリッシュに仕上がると喜んでいます。

今回、外壁塗装工事をお願いするにあたって、私の住む東京都府中市の知人の紹介で、国立市の巧建装という会社を紹介していただきました。社長さんに相談したところ、国立府中ICからペンションまで120kmくらい距離がありますので、普通は受けていただけないのですが最終的に職人さんの手配や段取りを調整していただき「やらせてください」となり、お願いすることにしました。

正直、打ち合わせは国立でできるので私たちにとっては良かったです。

ピカピカになったペンション駒城をこれからもよろしくお願いします。

東京都多摩地域のリフォーム・外壁塗装の会社「巧建装」のホームページはこちらです