ペンション駒城では、清流大武川まで約100mという立地を活かして、お客様へのアクティビティとして「テントサウナ」をオプションとしてレンタルしています。

テントサウナは北欧やロシアなどサウナが生活に浸透している国では一般的ですが、日本ではまだごく限られた趣味・娯楽の状態です。

サウナ専用の難燃性の生地で断熱性の高いテントの中に、サウナ専用のストーブを入れ、屋外でサウナを楽しむというものです。

サウナで汗をかいたあとは、清流「大武川」に入り、クールダウンし、リラックスを。
これを3セット以上し、最高のリフレッシュができるものです。

大武川の川岸で、当施設のお客様がテントサウナを行うことは、保健所(山梨県中北保健所峡北支所衛生課)、および河川の一時使用についても山梨県(県土整備部 中北建設事務所 峡北支所 河川砂防管理課)の指導の元、問題がないことを確認しております。

また、安全のため事故が無いようお客様に対しては使用ルールの厳守をお願いし、設営・撤収にはスタッフが立ち会って問題がないか確認しています。

さらに、お客様による河川にゴミの廃棄などが無いか毎回チェックし、河川のゴミ拾いも行っています。

ペンション駒城としては、山梨県北杜市の貴重な資源、財産である清流を訴求し、お客様に楽しんでいただき、県内の経済活性のために引き続き活動します。

テントサウナを導入したい宿泊施設・キャンプ場の方、当方が1年以上やってきたことのノウハウや注意点、問題点など共有しますので、ぜひお問い合わせください。

いっしょに山梨県北杜市を盛り上げましょう。