ペンション駒城は、白州町と武川町の間を流れる大武川にかかる駒城橋のすぐそばにあります。敷地から橋までは50mほどと、すぐ近くです。そのため、南アルプスの清流、大武川の川岸にテントサウナを設営して、川に飛び込むという楽しみを気軽に味わえます。

しかし、大きくて重いテントやストーブ、サウナストーンを持って川岸に下ろすのはそれなりに重労働のため男性が5名以上いればあっという間ですが、3名くらいだとなん往復もしなければならず、設営までに疲れてしまうこともよくあります。

冬から初夏は手前(白州側)がおすすめ

道路脇に車を停められます

橋の手前を右折し進むと、左側に車を停められるスペースがあります。ここから川岸に降りて荷物を運び、設営するのが楽です。対岸と違い重い荷物をたくさん歩く必要がないので、夏になり雑草で埋もれる前はこちらがベストポジションです。

雑草が枯れた冬から春、初夏まではこの場所がおすすめです。このように地面が砂なので設営も楽ですし、何より車から現地まで距離が短く荷物の積み下ろしが楽です。トイレに戻ったり飲み物を買うのも苦になりません。

下が砂なので、ねじねじのペグでテントを地面に固定するのが楽です。

8本入っているので無くさないようにご注意下さい